【大中】大中ラーメンと特濃を食べ比べ!京都伏見桃山の美味い店

【大中とは】

京都のラーメン屋で美味しいお店は
たくさんありますが、
ぜひみなさんに食べていただきたいお店が

大中(だいちゅう)です。

大中はラーメンが主に3種類あり、

  1. ラーメン(普通のラーメン)
  2. 大中ラーメン(チャーシューが特製)
  3. 特濃(濃厚スープのラーメン)

から選びます。
私のおすすめは大中ラーメンです。

大中ラーメンのスープは

  1. 醤油とんこつ(元味)
  2. 魚介醤油とんこつ(新味)

から選べます。

おすすめは、醤油とんこつです。
チャーチューもバラロースを選べます。
写真のラーメンは
肉増し(チャーシュー増量 250円)
大中はトッピングが豊富で、

麺の硬さもやしの量ネギの量
温泉卵キムチの有無を選べます。
チャーシュー以外のトッピングは無料
自分だけのカスタムラーメンを作れます。
さっそく食べてみましょう。
最近、四条河原町に、
大中BAL横店がオープンしました。
深夜4時まで営業していますので、
是非おすすめです。
http://kyoto-gurume.com/archives/1793
☝大中BAL横店の特集ページです。


 

【通常メニュー、大中ラーメン実食】

麺は一般的な太さです。ストレート麺です。
もやしと食感の相性がかなりいいですね。

スープは醤油とんこつですが、
醤油の風味はそれほど強くなく、
とんこつのコラーゲンたっぷりの滑らかな食感です。

チャーシューも柔らかく、脂身も多すぎず、
ちょうどよい厚みがあります。

麺とスープ、もやしとネギが
とてもいいバランスの食感です。


【新メニュー特濃ラーメン実食】

特濃ラーメンです。
特濃ラーメンは基本トッピングの追加ができません。
肉増しはできます。

かなり濃度の濃いスープです。
天下一品のような
こってりスープ使用になっています。

基本的な味のベースは通常の大中ラーメンと
だいたい同じですね。

個人的な印象では、大中はきめ細かいスープが売り
だと思っていますので、
通常の大中ラーメンのほうが私は好きです。
こってり系のラーメンが好きな方はオススメですね。


【メニュー一覧】

赤字はオススメメニュー
【ラーメン】
並ラーメン        500円
大盛ラーメン       630円
竹入ラーメン       580円

【大中ラーメン】
バラ肉大中ラーメン    630円
ロース肉大中ラーメン   630円
バラロース肉大中ラーメン 690円

【特濃ラーメン】
特濃バラ肉ラーメン    700円
特濃ロース肉ラーメン   700円
特濃バラロース肉ラーメン 760円

ご飯並          150円
ご飯大          200円
餃子           290円
唐揚げ2個        150円
唐揚げ5個        350円
炒飯並          420円
炒飯大          570円


大中はお茶にもこだわっていて、
カウンターにつくと、

すぐにこのお茶をもらえます。
これはサンピン茶といいます。
ジャスミン茶の仲間で、ラーメンと相性が抜群です。

大中は器にもこだわっていて、あらかじめ、
器を温めています。
ラーメンが冷めないための工夫です。


【店舗情報 アクセス】

住所
京都府京都市伏見区観音寺町高架下217
(近鉄電車 桃山御陵前 下車 高架下から20メートル)
(京阪電車 伏見桃山 下車 東へ50メートル)

電話番号
075-603-2712

営業時間
11:00~2:00

定休日
なし

席数
23席
(カウンター7席 テーブル4名×4席)

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260601/26000035/
👆食べログ(地図情報もこちら)

京都の本当に美味いラーメンランキング☚

大中BAL横店の特集ページはこちら☚

ご賞味あれ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です