【名前のないラーメン屋】三条木屋町、つけ麺が本当に美味い店

 

【名前のないラーメン屋】

京都の三条木屋町に、名前も看板もない、
話題のラーメン屋があります。
名前も看板もないので、名前のないラーメン屋、
という呼び方自体が、通称です。
このお店は、高倉二条、すがりの系列店で、
高倉二条はつけ麺がかなり美味しいお店です。
すがりも、最近は常に行列ができている人気店で、
もつのつけ麺が大人気のお店です。
http://kyoto-gurume.com/archives/1948
☝高倉二条の紹介ページ
http://kyoto-gurume.com/archives/1478
☝すがりの紹介ページ
高倉二条とすがりに関しては、
紹介ページを参考にしてください。
高倉二条の系列店は、やはりどのお店も、
つけ麺が特徴的です。
調べてみたところ、この名前のないラーメン屋は、
もつつけ麺も食べられるそうなので、
かなり期待を持ちながら、来店しました。

三条木屋町の高瀬川通り沿いにこじんまりとした
ビルがあり、その地下に、お店がありました。
詳しいアクセスに関しては、ページの最後に、
記載しておきます。


階段を下りて地下に入り口がありました。

実際に、ビルに看板も、案内の表示も、
全くありません。

中はこんな感じで、空調もちゃんと効いていて、
快適な空間でした。すがりや高倉二条に比べて、
やはり看板が無いせいか、
行列はできていませんでした。
お客目線から言えば並ばずに食べられるのは、
正直うれしいです。
実際、三条木屋町にこんなお店があることは、
あまり知られていないでしょう。

お水はウォーターサーバーが常備されていますので、
セルフサービスです。

カウンターの引き出しの中に、お箸や、
スパイス類が常備されています。
高倉二条の系列店に行くと、見えるところに
お箸がおいていないので、ご注意ください。


【淡麗つけ麺実食】

高倉二条系列の店では、この名前のないラーメン屋
だけにしかないメニューの淡麗スープのつけ麺です。
醤油ベースで少し酸味と、一味が入っている
様です。少し中華風の味です。
つけ麺と言えば、だいたいが魚介豚骨のスープ
が最近は主流ですが、
こういうあっさり系のスープでつけ麺を
食べるのも新鮮味があります。

中に玉ねぎが入っています。食感と、甘みが
アクセントになっています。
高倉二条のつけ麺と言えば、やはり極太の
チャーシューでしょう。
焼肉を食べているような感覚になる美味しさです。
カウンターで調理をしているのが見えますが、
注文を受けてから、ラーメンを作っている間に、
チャーシューとトマトなどを、
一度網で焼いています。
ひと手間かけることで、
さらに一段と美味いラーメンや、
つけ麺になっているということですね。

麺ですが、色が薄い緑色の部分と、茶色の部分が
見えました。何種類かの物をブレンドしているように
思いました。高倉二条の系列のお店は、
全粒粉麺を使っているお店が多く、
全粒粉麺は、少しざらっとした食感が残りますが、
名前のないラーメン屋の麺はつるっとした食感で、
食べたときにつるつる滑るような感じがしました。
次回に来たときは、
ラーメンを食べてみたいとも思いますが、
高倉二条の系列店は、間違いなく、
つけ麺が美味いです。
来店した時には、まずはつけ麺を食べることを
オススメします。


【濃厚つけ麺実食 オススメ!

高倉二条系列店の王道パターンを紹介します。
濃厚つけ麺が一押しです。
この濃厚つけ麺にはトッピングでモツを入れてます。
このメニューは和醸良麺すがりで
大人気のメニューです。
鶏ガラを煮詰めた濃厚スープに、
少し酸味があります。

そこにモツの食感が相性抜群です。

高倉二条と、すがりにはスープにキャベツは
入っていなかったのですが、名前のないラーメン屋
のつけ麺には、キャベツが入っていました。
焼トマトもこのお店だけですね。
写真には載せていませんが、チャーシューと、味玉も
高倉二条の系列店では、一押しのメニューなので、
お店に来たときは是非トッピングしましょう。
つけ麺は麺の量が1.5玉という記載がありますが、
基本的な量がそれほど多くないので、
満足するほど食べたい方は、2玉に麺を増量するか、
サイドメニューでご飯ものを
注文するのもいいでしょう。
スープにはもう一つ、重層スープがあり、
淡麗スープと、濃厚スープのブレンドスープです。


【重層つけ麺実食 オススメ!

重層スープのつけ麺です。
今回は、麺の量が2.5玉で注文しています。
追加メニューでモツも増量しています。

スープですが、淡麗と濃厚スープのブレンド
といことで、対極に位置するスープが
どういう食感か予想がつきませんでしたが、
食べてみると、これはかなり美味しかったです。
濃厚スープのドロッとした感じがさらっとして、
同時に、淡麗スープの酸味が追加され、
味に奥行きが増したような気がします。

当然この重層スープにも、
モツは抜群に相性がいいです。
3つのスープですが、私的な印象ですが、
濃厚スープか、
重層スープのどちらか迷うところです。

淡麗スープも非常に美味しいのですが、
名前のないラーメン屋、高倉二条系列のお店では、
やはりモツを味わいたいので、その相性を考えると
濃厚か、重層スープという結論になります。


【メニュー】

スープは淡麗 重層 濃厚 の3種類
料金は変更の可能性があります
赤字はオススメメニュー

ラーメン       800円
ラーメン大盛     900円
つけ麺        800円
モツつけ麺      900円
カレーつけ麺     900円
味玉         100円
黒豚チャーシュー   200円
モツ増量       300円
ご飯         150円
卵かけごはん     350円
モツ丼        500円


【店舗情報、アクセス】

住所
京都市中京区恵比須町534-31CEO木屋町ビルB1F
(京阪電車 三条駅 下車 徒歩8分)
三条通りと木屋町通の交差点のすぐ近く
ページの最後にアクセス紹介します。

電話番号 非公開

営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00
土日祝  11:30~15:00 18:00~21:00

定休日  不定休

席数   12席(カウンターのみ)

完全禁煙

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26026032/dtlmap/
☝地図情報はこちら

http://www.takakura-nijo.jp/shop/
☝高倉二条のホームページ

高倉二条の紹介ページ☚

和醸良麺すがりの紹介ページ☚


名前のないラーメン屋アクセス

京阪電車の三条駅を下車した後、
三条大橋を渡り、河原町通方向へ直進します。
河原町通りの一つ手前に木屋町通がありますので、
まずは三条木屋町の交差点まで来ます。

次は木屋町通を向かって右方向へ直進します。
高瀬川の川沿いに姉小路橋がありますので、
姉小路橋を渡ります。
渡ったすぐのビルがCEO木屋町ビルです。

ただし、本当に名前も看板もないので、
目印はありませんので、ご注意ください。

階段で地下に降りたところのドアが
左側にあります。入ると名前のないラーメン屋です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です