【京都千丸しゃかりき】京都タワーサンド、つけそばが美味い店

【京都タワーサンドとは】


京都タワーサンドとは、ここ一年近くにできた、
京都タワービルの地下1階~地上2階の
商業施設です。
店舗がおしゃれなのと、お土産屋さんや、
フードホールがたくさんあります。
これから京都で新しい名所になる可能性大です。

地下が1階がフードホールになっています。
様々な種類のお店が並んでいます。


地下に階段で降ります。

入り口です。中の店舗はすべて、カウンターで
商品を買って食べるか、
テーブル席が用意されているので、
そこまで持っていっていって食べることができます。

今回は京都では有名なラーメン店、
京都千丸しゃかりきが
フードホールに出店されていますので、
そちらを実食しました。


【京都千丸しゃかりきmurasakiのつけそば実食】

京都千丸しゃかりきというお店は、
もともと、二条駅の近くにあるお店です。
現在のつけ麺のブームの火付け役といわれる、
つけそばというメニューが有名なお店です。

以前から気になっているお店だったのですが、
今回はオススメメニューである、
つけそばを実食してみました。

金属の器に入っています。
スープを見ましたら、透き通っています。
最近何度か食べたつけ麺は、
だいたい、ブレンド系のスープだったので、
ちょっと意外でした。

魚介と鶏のブレンドスープのようです。
一口食べてみると、あっさりしている印象を
受けましたが、食べていくと、
鶏の脂のコクが非常においしく、
麺がどんどん進みます。
チャーシューは薄めですが、
スープと麺との相性は抜群です。

麺はつけ麺なので、太麺ですね。
スープが麺にとてもよく絡みます。
通常サイズでは、
少し足りない印象を受けました。
今回は大盛サイズで注文しましたが、
スープがとても美味しかったので、
まだまだ食べられそうな感じでした。

気になるメニューがあり、
九条ネギの熟成コク醤油まぜそばです。
800円と記載がありましたが、
メニューには時価と記入がありますので、
日によって金額が違うのかもしれません。

次回はまぜそばを食べてみたいと思います。


【座(ラーメン)実食】

座というメニューを実食しました。
定番のラーメンです。
料金は780円です。
今回は、大盛で、チャーシューも一緒に
トッピングしましたので、
大盛+100円、チャーシュー+150円で、
合計は1030円になりました。
醤油ベースの透き通ったスープですが、
鶏の脂が麺にとてもよく絡みつき、
ただあっさりしたスープではない、
深い味わいがあります。

しゃかりきのラーメンの器はこのように、
金属の器です。特徴的ですね。
麺も、チャーシューも、基本的には、
つけそばと同じようです。
つけ麺は、麺が冷たい状態のものなので、
食べていくうちにスープが冷めてしまいますが、
ラーメンであればどちらも熱々のまま
食べられます。
その理由で、ラーメンを食べる方は多いと思うのですが、
しゃかりきを食べた感想では、
この太麺は、どうやらつけ麺で食べたほうが、
より、おいしいようです。
つけ麺で食べる方が、スープの良さをより
体感できるように思いました。


【メニュー】

赤字はオススメメニュー

素(シンプルな出汁と麺)         580円
座(定番ラーメン)             780円
洛(選べるトッピングラーメン)  1080円
紫(トッピング全部乗せ)     1280円
つけそば              900円
まぜそば                時価
ラーメンセット           980円
大盛                100円
チャーシュー増量          150円

豚わさび丼             680円
豚ほぐし丼             400円


【店舗情報 アクセス】

住所
京都タワーサンド
600-8216
京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1
(京都駅烏丸口の向かい側、京都タワーが目印)

京都千丸しゃかりきmurasakiはB1Fのフードホール

営業時間
11:00~23:00

電話番号
075-746-7768

https://www.kyoto-tower-sando.jp/shop/index/117
☝京都タワーサンドショップガイド

http://www.syakariki.jp/
☝京都千丸しゃかりきホームページ

ご賞味あれ!!


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です